最近異常気象なのか、従来であれば「雨季」で雨が降り気温が下がる時期でもありますが、日差しが暑季並みに強く「あれ?」と思うこともしばしば。

やっと降ったと思えばお湿り程度で雨の少なさを感じます。

隣のマレーシアのジョホール州でも雨が降らず、シンガポールに水を供給する為のリンギウ貯水池の水量が50%を切り危機的状況であることが発表されました。

供給に問題がない水量は80%から90%となっており、シンガポールの生命線の一部が脅威にさらされています。

その結果、水道料金が上がることも予測されており、雨乞いではありませんが、12月の降水量が増えて貯水池の水量が上がることを期待します。

さて、最近では日系飲食業の他に日系流通業の進出も増えてきております。

東急ハンズはシンガポールに西(ジュロンWESTGATE)から東(チャンギ空港JEWEL)まで5店舗展開中ですし、ドン・キホーテ(シンガポールでは商標の関係上Don Don Donki)も今月ジュロン地区のJ CUBEのモールに6店舗目を出店します。

弊社では日系飲食業及び流通業の採用を代行しております。

店舗数が増えるに当たり、そこで勤務する従業員の確保は急務です。

採用するためにはまずは求人広告を出す必要があります。

高い出稿料金を出せばいい人材が集まるというわけではなく、いかに興味を引く募集内容なのかも問われます。

外国人の雇用もシンガポール人雇用比率を維持しなければならず供給は多いものの、採用できない状況が続いています。

また募集広告に「シンガポール人<のみ>と書いても、応募者の殆どがマレーシアやフィリピン等の外国籍の方であったり、中には国籍の欄にシンガポールと書いていても、連絡をすると実は違う国籍の方だったりすることもあります。

ようやく多数の応募者の中から<候補者>を見つけ、ご要望のあるポジションの面接をアレンジするのですが、候補者によってはそもそも<応募>したことを忘れているケースも多く、連絡をしてみると「は?」と言われるケースもたまにあります。

面接のアレンジは応募者の意思確認を入念に行い、前日もしくは当日にもWhat’s APP等のSNSでも確認メッセージを入れ、当日電話にてリマインダーを入れ応募者に面接日時を伝え確実に面接に来てもらえるように努力をします。

日本人の面接も行いますが、日本人の場合は遅くとも面接開始時間の10分前には来て待機するのが<常識>です。

シンガポール人の場合、面接時間前に来る方もいますが、大体はギリギリか5分ほど遅刻をするのが常です。

要するに時間に遅れることを罪と認識するかどうかだと思いますが、この点はシンガポール人の殆どが「罪」と思っていないでしょう。

とある日系企業は1分以上の無断遅刻を月に3回以上行った社員に対して、1日分有給休暇を消化させることにしました。

さて、そこまでして面接をアレンジしましたが、当日時間になっても一向に現れません。

もしかしたら道に迷っている(既に場所の説明もしている)のか?もしかしたら不慮の事故に巻き込まれているのかと思い、電話連絡を試みますが、着信音はなるものの「不在」になります。

履歴は残るはずですので、電話に気づいていればコールバックするはずですが全く掛かってきません。

要するに「ドタキャン」です。

人事としてはそのために時間をとっており、また事前の準備にもかなりの労力を費やします。

ではなぜ「ドタキャン」するのか?それはシンガポールにはまだ「職」が溢れているからでしょう。

どれだけ迷惑が掛かっているということはほとんど眼中になく1ドルでも高い仕事が見つかれば連絡もせずにそちらに行く。

SNSは進化していますが、人間としてのコミュニケーションが希薄になっているのが現状です。

弊社斉藤連載中Daily NNA 2019年11月28日号「東南アジア人「財」羅針盤」より抜粋


プログレスアジアは、シンガポール・東南アジアを拠点に、総務・人事全般を総務・人事のプロがお手伝いするサービスです。
シンガポールでの会社登記設立後の採用業務サポート、就労ビザ申請(EP/Spass/DP等)、雇用契約(オファーレター)作成、就業規則作成、給与計算、CPF、福利厚生、人事考課、昇給、解雇など、人事部の業務に加え、携帯電話契約、庶務、秘書的業務を含む総務全般を全てご提供するサービスです。
このサービスをご利用頂くことで、専門外の業務を担当することによる無駄な時間・労力を省き、本業に徹して頂く体制をご提供できる、それが、お客様の更なる成長・業績アップを期待できると確信しています。
シンガポール・海外で総務・人事でお悩みの方、お困りの方、お気軽に弊社にご相談ください。