最近シンガポールではちょっとした変化が起こっている。その一つとして「不動産」があります。

不動産は「オフィスの物件」と「賃貸物件」があります。オフィスレンタルに関しては場所によりけりではありますが、弊社の入っているONE RAFFLESは3年前の契約後7月に更新を迎えましたが市場価格に合わせ大幅にアップさせられました。

確かにオフィス相場は下がっておらず、「嫌なら出て行っても結構」的な扱いを受けました。新規に移るコストよりは安いのと物件的には良い場所であるので一応「死守」しました。

一方、賃貸は下降傾向にあります。

弊社で進出をサポートさせて頂いている駐在員の方のビューイングを行いました。どこもオーナー側のエージェントが必死で、本当かどうかは分かりませんが、「2年前は家賃が7,800ドルしたが今は4,800ドルになった」と言っていました。

確かに都心部、高層、2ベッドルーム築5年以内の準新築物件で4,800ドルは最近では見ませんでした。

またとある現地採用のGM職の方が最近家探しを始めました。現地採用歴は長い方で40近いのですが、ずっとルームシェアーをしていましたが最近物件が下がり始めたのを契機に若干シティーエリアから遠いものの1700ドルで契約をすることにしました。2年前までは3000ドルの物件がほぼ半額になっていたようです。

このようにシンガポールでは値段が需給バランスの元にドラマティックに変化していきます。地元のニュースも常に「値段のニュース」が多く世界の山が噴火していても先ずは不動産の価格や、COE(新車購入権)が先に報道されます。

不動産価格の低迷は雇用にも影響しており、民間住宅の販売低迷が、宿泊・外食サービスと不動産サービスの就業者数の減少につながっています。

私の友人も不動産エージェントを個人で行っていましたが取引がほとんどなくなったとのことでビルマネージメントの会社に転職しました。潮目をみるのが早く転身も早いのもシンガポール風です。

さて、今回の撤退事例は「現地に合わない値段」です。シンガポールは一人あたりのGDPが2014年の統計時では5万3千USドルを超えており日本人一人当たりのGDP3万7千USドルを超えておりいかにも「リッチ」な印象を受けます。日本での市場の縮小も踏まえとにかく進出すれば儲かると言った「神話」に惹かれ進出してくるサービス業もいくつかあります。

その一つとして「ラーメン店」があります。シンガポールでは日本のラーメンは人気の食事で有名なお店には長蛇の列ができます。一方、全く流行っていないお店も存在します。値段を見ますと、全て「込み込み」でS$25を超えているラーメンもあり、円安の影響もありますが日本円で2300円を超えており、また味は普通ということで大丈夫かな?と思っていましたら案の上撤退していました。

コストをカバーする為には値段を上げる必要もありますが、値段(コストパフォーマンス)に敏感なシンガポール人には通用しなかった一例です。

また先般撤退してしまいました日本では有名な雑貨小売店もS$60のバスタオルを置いていました。

現地の方々は皆HDBという集合住宅に住んでおり、特にトイレまわりは日本のように整理整頓されていません。また下のおばちゃんお経営している小売店で同じようなバスタオルがS$6で買えます。雑貨に関してもラーメン一杯にしても現地に合わない価格設定をしていますと「高い」印象だけが残り客離れが起こり撤退という形になります。

やはりトイレタリー雑貨を売るのであれば、現地の一番平均的な家のトイレルームを覗いてみる等の真のマーケティングは必要ではないでしょうか?

Daily NNA 2015年6月25日号「東南アジア人「財」羅針盤」より抜粋


プログレスアジアは、シンガポール・東南アジアを拠点に、総務・人事全般を総務・人事のプロがお手伝いするサービスです。
シンガポールでの会社登記設立後の採用業務サポート、就労ビザ申請(EP/Spass/DP等)、雇用契約(オファーレター)作成、就業規則作成、給与計算、CPF、福利厚生、人事考課、昇給、解雇など、人事部の業務に加え、携帯電話契約、庶務、秘書的業務を含む総務全般を全てご提供するサービスです。
このサービスをご利用頂くことで、専門外の業務を担当することによる無駄な時間・労力を省き、本業に徹して頂く体制をご提供できる、それが、お客様の更なる成長・業績アップを期待できると確信しています。
シンガポール・海外で総務・人事でお悩みの方、お困りの方、お気軽に弊社にご相談ください。