昨日、南シナ海での中国の海洋進出を巡り、オランダのハーグにある仲裁裁判所が中国の主張を退ける判決を出しました。

中国の「主張」というのは、「南沙諸島は2000年前から中国固有の領土」だというもので、「そのような判決はでっち上げだ」的な対応です。大体2000年前の事を誰がどのように証明できるのかは置いといて、とにかく2000年という数字が出てきた時はさすが中国と思いました。

90年代筆者がヤオハンという国際流通グループで勤務していた際に、とある契約書を管理していました。中国政府側の契約者当人が失脚し、新しい相手側の代表者が来ました。

その際に契約の「やり直し」を強要されました。「俺が結んだ契約でないから」というのが理由でした。中国では「法」はあくまでも「人」が作ったもので、「人」が上だという考え、いわゆる「人治」の発想があります。

今回の裁判を担当したアメリカ人の弁護士は「法」の勝利だと言っておりますが、そもそも「法」の考え方が違う中国当局は一切「負けた」とは思わないでしょう。

東南アジア全域とくにベトナムとフィリピンに大きく関係していくことから、今後もこのニュースには目が離せなくなります。

さて、今回のお悩みは、同じく予期せぬタイミングで「退職願」が出されてどうしようとの相談です。

まず日系企業と欧米企業の単純な比較ですが、日系企業は企業と「人」が契約をします。「御恩」と「奉公」の関係です。一方、欧米企業は、「ジョブ」いわゆる職務分掌(ジョブ・デスクリプリョン)と契約します。「ジョブ」がなくなれば、当然辞めなければなりませんが、「人」と契約している日系企業の場合は、「うちの社員」となります。

taishokunegai

どちらがいいのは別としまして、今回の場合は日系企業での就業経験の無い方からの「退職願」です。

当該スタッフをヒアリングしてみますと、自由な裁量を与えられているポジションのはずなのに、必ず「営業レポート」を作成する必要があり、いわゆる日本式「報・連・相」を一日の最後のタスクとされたことが苦痛の種になっていました。

報告をするのはメールでも口頭でもできるのに、いちいち専用フォームに書き込みすることをタスクとされていて「小学生の絵日記」のようだと言っていました。

勿論、タスクは日系企業でなくどこの企業でもあるはずですが、KPI(キー・パフォーマンス・インデックス)を細かく設定され、達成していないと「何故達成しないんだ」と突き上げられることも何故長期的な視野でみないのか?との疑問・不満が鬱積していました。

当該企業の社長に話しましたところ、かなり驚きました。というのも、成果は出していますし、企業としては「かなり」自由な勤務体系を取っていましたので、報告書を作ることがそれほどまで苦痛の種になっていたとは思いもよりませんでした。

重要なポジションであるが故にすぐに辞めてもらうことはマズイとのことで、正社員のタスクから開放する為に正社員での雇用を一旦解除し、給料をほぼ半額にしてコミッションベースを高くして業務請負でのカウンターオファーを出してみることをアドバイスしました。

その結果「報告」や月の「KPI評価会」から開放され、本人的には稼いだ分だけ企業にも貢献でき、自分の実入りも多くなり労使双方が納得行く内容になりました。雇用形態を変えるカウンターオファーも時にはお互いメリットになります。

Daily NNA 2016年7月14日号「東南アジア人「財」羅針盤」より抜粋


プログレスアジアは、シンガポール・東南アジアを拠点に、総務・人事全般を総務・人事のプロがお手伝いするサービスです。
シンガポールでの会社登記設立後の採用業務サポート、就労ビザ申請(EP/Spass/DP等)、雇用契約(オファーレター)作成、就業規則作成、給与計算、CPF、福利厚生、人事考課、昇給、解雇など、人事部の業務に加え、携帯電話契約、庶務、秘書的業務を含む総務全般を全てご提供するサービスです。
このサービスをご利用頂くことで、専門外の業務を担当することによる無駄な時間・労力を省き、本業に徹して頂く体制をご提供できる、それが、お客様の更なる成長・業績アップを期待できると確信しています。
シンガポール・海外で総務・人事でお悩みの方、お困りの方、お気軽に弊社にご相談ください。