最近日本でも大きなニュースになりましたが、タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)が2016年の「THE世界大学ランキング」を発表しました。相変わらず上位の殆どがアメリカとイギリスの大学で一位はイギリスのオックスフォード大学でした。

東大

THEのアジアの大学ランキングでは、シンガポール国立大学(NUS)と同じくシンガポールの南洋理工大学(NTU)がトップ2で、3位から6位まで中国と香港の大学が占め、日本の最高位である東京大学はアジア7位に後退してしまいました。

世界レベルで見ますと39位で昨年43位より上昇しましたはが、アジアの大学にどんどん追い抜かれていっています。その他は京都大学がアジア11位(世界91位)で此方は昨年より順位を下げています。

東南アジアでは、アジア70位でマレーシア工科大学、私が卒業したマヒドン大学が90位で、他にタイの大学が1校と東南アジアではシンガポールを除いて3ヶ国しか入っていませんでした。東南アジアの大学も東アジアの大学が健闘していますので頑張ってほしいものです。

さて、今回のお悩みは「候補者がいない」とのお悩みを抱えているDさんです。ある新規進出サービス業からの求人の相談を受けました。

弊社で総務代行オペレーションを行っていましたが、社内で1名営業ができる日本人を現地採用で雇いたいとのことで、選考のお手伝いをすることになりました。

採用に関しては日本でも何度か経験をしている方でしたが、海外では初めてとのこと。まずいちばん驚いたのはシンガポール島内に日系人材紹介会社が数多くあることでした。

筆者も東南アジア2カ国で2社の人材紹介会社を経営しておりましたが、日系進出企業の多さに比例して数が増えて行きました。

現在ではとにかくすぐに求人企業にマッチする「候補者」が不足していることから、Dさんの求人案件に対しても中々希望に適う候補者は出てきませんでした。求人サイトやSNSを使って候補者を募りましたが、応募は多いものの「この人はどうして応募してくるのだろう?」と首をかしげるケースが増えてきました。

最近特に思うのは、日本の有効求人倍率が回復し正社員での雇用機会も増えてきた事と、昨今のテロ事件のニュースがテレビのニュースで再三取り上げられ、「海外は危ない」と思う若い方が増えてきた事の2点が「海外で働いてみよう」というマインドを削っているように思えます。

Dさんは日本であれば募集を出せばすぐに候補者が数名集まる経験をしているので、このように苦戦するとは思いもよりませんでした。

またやっと面接をして「いいな」と思った候補者を2,3日待っていましたら、他社に行ってしまい、「2,3日の間で複数面接が入るのですか?」と聞かれました。シンガポールを始めとする東南アジアでの採用状況は、求職者もどこに応募したのか分からないほど応募をしてきますし、人材紹介会社も手持ちの候補者を多数紹介する場合があります。

その中から最良の候補者を選ぶのはご縁があるかどうかにも関わってきますがなかなか難しい点です。

ようやくアジア大学ランキング3位(北京大学)を卒業された日本語のできるシンガポール人男性と現地サービス業で勤務をしていた日本人女性を面接することになりました。

100%マッチする人材はそうは出てきませんので、ある程度の採用要件を満たしている人であれば、まずは採用してみても良いのではとアドバイスしました。熟考している間に他に行く場合もありますので早い決断も必要です。

Daily NNA 2016年10月13日号「東南アジア人「財」羅針盤」より抜粋


プログレスアジアは、シンガポール・東南アジアを拠点に、総務・人事全般を総務・人事のプロがお手伝いするサービスです。
シンガポールでの会社登記設立後の採用業務サポート、就労ビザ申請(EP/Spass/DP等)、雇用契約(オファーレター)作成、就業規則作成、給与計算、CPF、福利厚生、人事考課、昇給、解雇など、人事部の業務に加え、携帯電話契約、庶務、秘書的業務を含む総務全般を全てご提供するサービスです。
このサービスをご利用頂くことで、専門外の業務を担当することによる無駄な時間・労力を省き、本業に徹して頂く体制をご提供できる、それが、お客様の更なる成長・業績アップを期待できると確信しています。
シンガポール・海外で総務・人事でお悩みの方、お困りの方、お気軽に弊社にご相談ください。