私事で恐縮ですが、筆者の母が昨年末に心筋梗塞で倒れ、急遽入院をしました。年の瀬で直行の航空券は手に入らず、LCCを手配しバンコクのドンムアン空港を経由して成田に到着しました。幸い好天に恵まれ「寒さ」はあまり感じませんでした。全く予定はしていませんでしたが、年末年始の日本は数年ぶりでした。

入院先は東京都立川市の病院で年の瀬もあり、病院内はたくさんの人がいました。集中治療室には数名の看護師さんがほぼ走りながら仕事をしており、また担当医もほとんど時間が無くなかなか面談の時間も取れませんでした。幸い回復基調であり一命は取り留めましたが、後遺症が残るかもしれないとのことを言われました。筆者の母は83歳で歳の割には元気でしたので驚きましたが大病は突然やってくることを身にしみて感じた次第です。

さて、日本は急速に少子高齢化と人口減とくに勤労世代は数十万人の単位で減っていくことが現実化しています。地方都市が毎年一つ消滅するほどのインパクトがあり、またうちの母親を含みますが、老人人口の増加に伴い、医療費補助等の社会保障費はどんどん膨らんでいて財政を圧迫しています。

筆者の場合海外生活がほぼ20年で、親はいつも日本で元気に暮らしているということが自然になっていましたが、今となって急に<介護>という言葉が頭の中にチラつくようになりました。昨今、「介護離職」や「介護殺人」など「介護」に関わるニュースが増えてきました。アルツハイマーでボケになってしまった自分の母親の介護に疲れて殺してしまった息子さんのTVインタビューを聞きましたが、どうしようもなかったココロの葛藤を感じました。

数年前、タイのバンコクに住んでいる時に、日本人のリタイア組みをタイに「ロングステイ」をさせる会社が幾つかありました。日本語のできるタイ人スタッフが数名おり、余生を「微笑みの国」で過ごすプログラムで、人気はそれなりにありましたが、やはり最終的には日本の故郷に戻りたい要望が多かったのを覚えています。その際に日本語のできるタイ人を日本の介護現場で勤務させる計画もありましたが、当時(2000年台前半)は単純労働者の「受入れ」はNGとのことで、せっかくタイで日本人に接することに慣れたタイ人の能力・経験をムダにしてしまいました。

ようやく、日本の介護現場で外国人労働者の「受入れ」を促進する法案が成立されましたが、その「受入れ」という言葉もいつも思うことですが「上から目線」でもはや「獲得」をしていかなければ手遅れになるのではないかと危惧します。

タイ人は日本や日本の文化は大好きですが、それは「食べ物」や「観光」であって、日本の介護現場で日本語というマイナーランゲージの中で仕事をしたいと思うタイ人は果たして何人いるのか大きな疑問です。しかもベトナムやタイ政府が認めた介護福祉士の資格を持つ外国人にのみ在留資格を与えるというもので、本国でも十分活躍できる人を日本の介護現場に引きつけるのにはやはり給料も含む福利厚生の充実が必須です。

現在日本の介護現場では約40万人の介護人材が不足していると言われています。大量に在留資格を発行すれば中にはそのまま不法移民にもなりかねませんが、それ以上に悲鳴を上げている介護現場で働きたいと思う東南アジアの人達を「獲得」していく必要があると思います。既に優秀なフィリピン人は欧州や中東で活躍されており「売り切れ」ですから。

弊社斉藤連載中Daily NNA 2017年1月19日号「東南アジア人「財」羅針盤」より抜粋


プログレスアジアは、シンガポール・東南アジアを拠点に、総務・人事全般を総務・人事のプロがお手伝いするサービスです。
シンガポールでの会社登記設立後の採用業務サポート、就労ビザ申請(EP/Spass/DP等)、雇用契約(オファーレター)作成、就業規則作成、給与計算、CPF、福利厚生、人事考課、昇給、解雇など、人事部の業務に加え、携帯電話契約、庶務、秘書的業務を含む総務全般を全てご提供するサービスです。
このサービスをご利用頂くことで、専門外の業務を担当することによる無駄な時間・労力を省き、本業に徹して頂く体制をご提供できる、それが、お客様の更なる成長・業績アップを期待できると確信しています。
シンガポール・海外で総務・人事でお悩みの方、お困りの方、お気軽に弊社にご相談ください。